生命保険、海外旅行保険の種類と補償内容

カテゴリー

公営・私保険

hoken

保険は、万が一の病気や災害から命や財産を守る為の制度です。
保険の種類は、大きく「公営保険」と「私保険」に分けられます。

公営保険とは、国や地方自治体、公法人などの公的機関によって運営される保険を意味します。
社会保険と産業保健が、公営保険に含まれます。
社会保険とは、国民健康保険や国民年金、雇用保険などの事です。
そして、産業保険には、農業保険や漁業保険、漁船保険、輸出(貿易)保険が含まれています。

私保険は、民間の保険会社が運営する保険を意味します。
生命保険と損害保険が、私保険に含まれます。
私保険は、個人が任意で加入するものですが例外もあります。
例えば、自動車損害賠償保険は、私保険に分類されますが国により加入を定められている公営保険とも言えます。

第2・3分野

損害保険は、私保険の中でも第2分野に分けられます。
ちなみに、生命保険は、第1分野に分類されています。
第3分野は、生命保険と損害保険のどちらにも属さない保険を示していました。
しかし、第3分野は、2001年より第1、第2どちらの保険会社でも営業可能となっています。

第2分野には、火災保険や自動車保険、賠償責任保険、海上保険などが分類されます。
これらの保険は、偶発的に起きた事故などによる損害に対し、保険会社が保険料を支払うものです。
第2分野の保険の特徴は、損害が発生した金額を補償される点です。
この保険は、実損額を支払う実損払方式が主流なのです。 

第3分野は、傷害保険や医療保険、がん保険、介護保険を示します。
これらの保険は、疾病や傷害の治療を受けた際に保険会社から一定の保険金が支払われます。

貯蓄

?????

保険と貯蓄は、万が一の時に備える方法として一般的なものです。
しかし、保険と貯蓄には、明確な違いがあります。
その為、「貯蓄は三角形、保険は四角形」と例えられる事が多いのです。

貯蓄は、リスクが発生した際に貯めている額のみで損害を補わなくてはならないのです。
その為、貯蓄では、自動車事故などによる対人賠償事故を対処するのは困難な場合が多いです。

これに対し、保険は、保険料支払いを開始した時点から保障期間の終期まで補償を受けられます。
貯蓄と保険では、リスク発生時の経済的備えに明らかな違いが認められます。


LINK LIST

見積もりし直したいなら:保険マンモスの無料相談で毎月の保険料をダイエット!

ピックアップ

kinou

機能

生命保険の機能は、3つに大別されます。そ…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

海外旅行保険

海外旅行保険は、海外旅行中に生じた病気や怪我、盗難被害などの…

オペレーター

自動車保険

自動車保険は車を運転する人の為にある保険の事です。生命保険な…